2007年06月29日

PU交換

昨日、仕事でケガをしてしまいました。
左手中指、つめと指の間にトゲを刺してしまったんです。
コレが痛いのなんのって・・・。(泣)
深爪がたたって結構奥の方に刺さってしまったんですが、古い木材だったのでバイキンが入った模様。
さっき、まだ痛いので指先をしぼったら、血に混じって膿が出てきてしまった。
ちゃんと治療しないと・・・。

? 258.jpg

シンペイさんブログに書き込みしたんですが、いつものストラト改造。
PUを交換しました。
セイモアダンカンのSSL−7とSSL−1。
SSL−4ではないのです。
内容は一緒らしいのですが、ポールピースという磁石の長さがバラバラなタイプ。
どう違うのかって?
正直あんまわからない。(笑)
SSL−4も持ってますが、違うギターですからトーゼン音は違うわけで、それを比べるのはちょっと乱暴かと思います。
ただ、主観ですが、ハイ上がりな気がします・・・?

このタイプのPUってリッチーの専売特許ですが、「じゃあ、リッチーの音するの?」と言われるとチト違う気がします。
あれはやっぱアンプと弾き方によるものが大きいと思うんですよね。
「じゃあ、あて外れ?」
と言われるとそうでもなくて、狙った感じは「お見事」って思ってます。
この組み合わせが誰の物かご存知な方はそんな感じの音です?(笑)

いままでディマジオばかり乗せていたんですが、目先を変えてみました。
というのも今までは中低域重視の「鼻づまり」な音が好みだったのですが、もうちょっと上のほうを重視して「抜け」を考えてみたんです。
エフェクターもGT−8になったんで、その辺のセッティングが重要なんじゃないかなと思いました。
「マルチ=ヌケが悪くなる」と言うのを払拭したかったんですね。

あとは圧倒的なパワー。
正直ストラトらしさはあんまりないと思われます。
メタル専用ですから。(笑)
センターにSSL−1を入れましたが、皮肉にもコレがよい感じのストラトの音してるんですよ。(苦笑)
それと比べると「ハイが出るハムバッカー」と言うイメージでしょうか?
でもその代償としてノイズが増えました。
ディマジオと比べたら仕方ないです。

あとアッセンブリーを変えました。
漢の1ヴォリューム!
トーンはメタルじゃ使わないのでカットしました。
ボリュームをSonicのフルアップボリュームというボリュームに変えました。
気分の問題ですが、なんとなく良い気がします。(苦笑)

PUが黒なので(カバー無いから仕方ない)ノブも黒にしてみました。
スイッチレバーは買い忘れました。(苦笑)

「イングヴェイモデルにリッチーのアッセンブリー」といった非常にミーハー仕様なのですが、なんとなく単なる’80のストラトになってしまった・・・。(苦笑)

次のライブでコレ使います。
posted by ZONE at 01:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。