2009年07月26日

Living on a 無駄遣い

タイトルパクリました。(笑)
ゴメン。

誕生日だったのでアンプ買いました?


DSCF1623.JPG

Cornell Plexi20

「えっ?!」って思いました?
このアンプはギター復活した2002年頃、
御茶ノ水で試奏して感激したものでした。
それ以来、いつか買いたいと思ってた。
でも、コイツ実はものすごく高い。
インドが発売した自動車「ナノ」よりこのアンプの方が高いです。
今回たまたまオークション見ていて、入札したら落ちちゃった。

コイツすご〜くスムースな音・・・なんでメタルはムリ。(笑)
なんていったって漢の1ボリューム1トーン。
でも意外に音作りは難しい・・・というよりどう使う?
キレイな音ならダイレクトにプラグイン。
ローゲインでペンペンって弾くんだと良いかも。
ブルース屋さん向けなのかな?

それからサダーさんが2061持っているので、
ブログを参考になせていただきました。
まあ方向違うんですけどね。

このアンプ、マーシャルの2061をデニス・コーネル氏がまねた物。
あんまり耳慣れないモデルかもしれません。
実際はマーシャルの方がゲイン高めです。

ゲーリー・ムーアが「スティル ゴット ザ ブルース」で使っていたのがコレのコンボタイプ(1974)だと何かの雑誌で読んだ事がありまあすね。
ジャケットにもレスポールにガヴァナー通した写真が載ってますね。
ものすごくロックな音です。
熱い肉まんトーンですね。

さて、昨日からコイツと格闘してました。
このゲーリーの音に近づけない物かと手持ちの歪物を総動員。
あっ!TS−9が壊れてる・・・。(泣)
OD−808が一番いい感じかな。
次点でROD−881。
マクソン好きです。
やはりバヴァナーが良いのかな・・・?

まあ、メインで使うことはないので日の目は見ないでしょう。(苦笑)


posted by ZONE at 23:50| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。