2009年08月02日

こんな音です

前回ご紹介したCornell Plexi20。
いろいろ試して遊んでみました。
サダーさんがファズが良いといってましたが、
ディストーションしかなかったのでMXRを使ってみました。
あとBossのDD−2でちょっと味付け。
shimpeiさんみたいにダイレクトっていうのが良いのだろうけど、
それも考えたけど、かなりキャラが違ってくるのでちょっと加工。
ROCKな人はこんな感じがよいと思います。
尚、ギターは「けいおん」の唯ちゃんと同じギブソンレスポール。(ゴールドトップだけど)
あっ、安モンのクラッシックです・・・PUはダンカンだけど。(笑)
ところで、JKにはレスポってかわいいのか?
キャビはいつもの「マナカナ」。(Crews製)
録音はZOOMのH2。
すぐ横で弾いたのでピッキングの音が入ってしまいました。
ちょっと(かなり)肩に力入りすぎで弾ききれてません。
あしからず。
あいかわらずヘタクソですね。
「こんな音」って言うのが伝わればOKなんで。
レスポンスは非常によいです。
っていうか、良すぎで「ヘタクソ」ってアンプに言われている様な気がしてなりません。
オーナーを選ぶアンプです。

こんな感じです。
古いマーシャルポイでしょ?・・・違うかな?
ブルースの人にはおこられそうな音ですけどね。(苦笑)


posted by ZONE at 21:12| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このアンプはヘヴィーにしようと思うとちょっとつらいでしょ。6弦連呼でもなんか一歩足りない感じ。プレゼンスのコントロールないしね。

でもJCM+1960キャビのハイエンドの音はシンバルとかぶりやすいのでバンドアンサンブル的には意外に使いやすいとも思います。
Posted by サダー at 2009年08月03日 00:41
あ〜、その通りですね。
僕は結構キンキンな音が好きなんでちょっとって感じです。
でも、エフェクターでそこまで補正するのも違うと思うし・・・。
痛し痒し。(笑)

70’のHRまでって感じの使い方が良いのかなと思います。
Posted by ZONE at 2009年08月03日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。