2009年09月15日

Concerto Moon Liveと至福の時間

ベースの話を書くつもりでしたが、次回に延期します。
次回また見てください。

9/12土曜日、Concerto Moonと中間 英明さんのライブを見に行きました。
毎回いっているライブですが、今回はダブルヘッドということで、楽しみ2倍。
中間さんはもう3年くらい見ていなかったしね。

ただConcerto Moonはメンバーの脱退が重なったので「大丈夫?」って思ってました。
鍵盤が抜けたと思ったら今度はベース。
正直、できは???でしたね。
今後の展開に期待です。
島さんならやってくれるでしょう。

で、中間バンドの方。
出てきてびっくりしたのは鍵盤がB’zの増田さん。
あとでわかったけど、BはBOW WOWの満園さん、Drはノヴェラの下田さんというメンツ。
さすがにプロの底力を感じました。
曲はソロからが多かったような気がします。
最後はやはりFeelin' highです。

そうそう、アンコールの曲の途中で島さんと中間さんが演奏中にギターを交換したんですが、ギターが変わってもそれぞれの音が出ているんですね。
改めて、機材じゃなくて弾き手なんだなーって再認識。(苦笑)


終ったあとに友人と合流。
どうゆうわけか(ライブに来ていたからだけど・・・)Blazeの池田さんと柴田さんのリッチートリビュートアルバムでギター弾いていた小西さんとさらに合流。
コアなリッチートークとなりました。
やはりこのレベルだとホントすごく細かい所まで聞いてますね。
それから池田さん、小西さんのレコーディングやライブでのエピソード、機材のこと、タマホームCMのこと(笑)なんか色々と聞かせてもらいました。


それから三宿へ移動。
池田さんのお店へ。
しばらくすると打ち上げ一次会が終った中間さん、増田さん、満園さんがやってきました。(来るって聞いてましたけどね。笑)
恐れ多くも増田さんに左サイドのKORG RADIASについて教えていただいたし 、満園さんにもベースの話を聞かせてもらいました。
そしてなんと言っても中間さん。
やっぱりこの人、でかくてカッコイイです。
小西さんとの二人の話を聞いているだけでも勉強になります。
僕とはグリーンのストラトのことメインの白ローズのこと、アンプ、エフェクターのこともいっぱい聞かせてもらいました。
すごく参考になりました・・・でも最後は弾く人ですよね。
「気難しい人」って噂で聞いてましたが、全然そんな感じしませんでしたよ。

帰りは始発だったんだけど、山手線3周しました。(笑)

という事で、Boss贅沢微糖の伊藤淳史のような夜でした。
贅沢だ〜!



posted by ZONE at 00:10| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
機材じゃないよ、弾き手だよと、分かっていても機材には夢があります(笑)
それにしても
>という事で、Boss贅沢微糖の伊藤淳史のような夜でした。
よくわかります(笑)
Posted by bakune at 2009年09月15日 06:05
bakuneさん

>機材には夢があります

そうですね。
夢あります。
昔は買えなかったですからね。
小西さんがトリビュートでENGLのリッチーシグネ使ってたって聞いたら、何だかあのアンプがすごくいとおしくなりました。(笑)

いろんな人の話を聞いていて思ったんですが、プロで機材にこだわる人は細かいところにやたらと気を使いますね。
例えば配線の材料やハンダとか。
性格の問題もあるんでしょうけどね。
面白いです。
Posted by ZONE at 2009年09月15日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128044883
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。