2009年11月24日

OverdriveとDistortion

ギターやってる人(ジャズとかやってる人じゃなくて)にとって歪物ってものすごく重要。
だけどこれって好みが大きく分かれます。
ブルース〜ハードロックの人ってOverdriveを好むようです。
中にはFuzzって方もいますけどね。
ハードロック〜メタルの人って微妙ですがDistortionって方が多いような気がします。
この辺は明確な線引きがあるわけではないので、人によってまちまち。

ポップスやっている某氏はDistortion使ってました。
理由はクリーントーンを多用するため、アンプはクリアな音。
だけど、オブリやソロを取る時はある程度の歪が欲しいそうで、
それにはOverdriveじゃ物足りないそうです。
この人はとてもうまい方で、強い歪を使ったとしても、ノイズとかの余分な音を出さないからとても聞きやすく感じます。

一方、ハードロック〜メタルの人でもOverdrive使っている人も意外に多いです。
実はボクもここに入ります。
基本はアンプの歪がメインなんですが、もう一押ししたいのでOverdrive使います。
Booster的に使うのが一般的には多いようですね。
Volが10でDriveが0みたいな・・・。
Overdriveのトーンキャラクターも加わるので物によって大きく音が変わります。

でも、これってギターやアンプによっても変わりますよね。
だから10人10色のつなぎ方、セッティングがあります。
ギターのPUをハイパワーにして他を下げ目にするか、そのまったく逆にするか。
エフェクターメインにするのも手ですよね。

ただ、PUを交換するのって面倒だし、アンプは高いものでそうそう買えないし・・・。
そう考えるとエフェクターを色々試すのが手っ取り早いし、比較的安価。
最近じゃ各社でいろんな物が出ているし、僕の周りでは自作している人も多いです。
多すぎて「コレもいいけどアレもいい」状態。
悩みの種。(爆)

ボクはスタックアンプのヘッドを2台持ってまして、コレがまたキャラが違うんです。
Marshall JCM800とENGL。
JCM800は当事としては歪むアンプでしたが、今となれば普通ですね。
おまけに中域に特徴があるので、ちょっと曲者。
セッティングはかなりドンシャリです。
今までTAKKY DriveというOverdriveを使ってますが、最近Noah'sarkのDistortionを使ってます。
これはアンプは歪ますと下がぼやけるので、ゲインは8以上上げたくなかったんです。
だからとちょと歪が足りない気がするので、Overdriveのdriveもかなり上げ気味でした。
だったらDistorotionの方が良いのでは?との発想ですね。

ところで、DistortionとOverdriveの違いって何でしょ?
電気的なことはよく分らないけど、Distortionの方が歪が強い気がしますね。
それに加えて、Distortionの方がレンジが狭い気がします。
Overdiveの方がレンジが広い分ノイズも出るけど、ラウドに感じます。
良い意味で荒いというか、生々しいというかそんな感じ。
だからOverdriveの方がホンネでは好きですね。

そうなってくると、ハイゲインのENGLにOverdriveの方が今の自分には合っているのかもしれません。
コレにはNoah'sarkの黄色がよい感じです。
一応手持ち全部試しました。
でもコレは今の感覚でそう思うのであって、また多分変わるでしょうね。
それにギターやそのPUの特性は考えてない上での話ですから、そこを考慮に入れるとまた違う方向に行きそうです。
ちなみにストラトにはダンカンのSSL-7が乗ってます。
かなりハイパワーなシングルPUです。

これって女性が服とバッグ、靴、化粧品を選ぶのと同じ感覚でしょうか?
まあ、コレが楽しくてギターやっているといっても過言じゃありませんが・・・。(笑)
posted by ZONE at 02:15| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JCM800はかなりトレブリーなのでODで中和する感じ。でしょうか。
逆に2061とかフェンダーはメタリックさに欠けるのでディストーションやファズのようなぎらつきが丁度いいような感じです。

JCMでハイゲインにするとどんなギターも一緒のようで、PUとかで微妙に違うのがまた・・・。
ジョージリンチモデルはTONEZONEを載せてます。
Posted by サダー at 2009年11月26日 23:07
サダーさん

>JCM800はかなりトレブリーなのでODで中和する感じ。でしょうか。

そうですね。
トーンブースターって感じでしょうか。
コーヒーにクリープみたいな・・・。(笑)

僕はわりとカリカリな音が好きなんで、TS
系でもかなりトーンまわしますね。
というのも6弦をミュートしながら8分とか16分で弾いてぼやけるのがイヤなんですよ。
ソロとかだと良いのですが、バックにまわった時に???って感じ。
だから本音は2系列でソロとバッキングで使い分けたいです。
でもわがまますぎですね。

そうゆう事もあってシュミレーターをパワーアンプで増幅して出力してました。
まあ理想と近いだろうと思って。
色々犠牲はありますけどね。
でも、やはり本物が良い気がして、最近色々やってます。
Posted by ZONE at 2009年11月27日 00:22
>6弦をミュートしながら8分とか16分で弾いてぼやけるのがイヤなんですよ。

わかります!
しかしそれを避けるセッティングにすると、例えばパワーコードで横移動する時にキュッキュッキュッと派手に鳴ってしまうのですが、この対策って皆さんどうしてるんでしょうか?

mad professorの赤、試してみてください!
僕はとても気に入っています。
Posted by bakune at 2009年11月27日 21:23
bakuneさん

>例えばパワーコードで横移動する時にキュッキュッキュッと派手に鳴ってしまうのですが

あ〜っありますあります。
この辺は仕方ないのかな?
エリクサー弦だと多少は改善されるようですけど・・・。
アコギでこれがイヤで色々聞いたんですが、
やはり仕方ないと・・・。(笑)

>mad professorの赤

調べたらいいお値段。(笑)
これから池袋に出撃なので、ちょっと試してみますね。
情報ありがとうございます。
Posted by ZONE at 2009年11月29日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133743683
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。