2007年11月14日

ほとんどギタークリニック

土曜日の夜でしたが、マイミクの某氏の家にお邪魔しました。
本当は目的があったのですが、私の機転の利かなさのために目的は解決できず。
それでも「おいでよ」と言って頂けたのでお邪魔する事に。

どうしても話題はギターのこと。
いろいろ聞きたいことがあったのだが、本人を目の前にすると意外に出てこないものです。
でも、音源で聞いていたフレーズを目の前で弾いてもらったりで、聞くより見たほうが早かったりもします。

「最近はどんなの練習してるの?」って聞かれ、目の前で弾いて見せたのですが、思うように弾けない。
自分のギターじゃないからって言訳はしたくないです。
本当にそれ以前のレベル。
その時アドバイスされたのは、

・自分の音は最後まで責任持つこと。
・自分の都合のいい音しか聞えてない=都合の悪い音は聞いていない。
・単音でメロディをちゃんと聞かせることが第一。
あと、ライブ時の注意点とかも。
たとえば、
出音が悪いのをPAのせいにしない。
よい音を出せば、PAもよい音で出してくれる。とか・・・etc。

他にも細かい事や自分が弾けない曲の練習法やら本当に盛りだくさん。
うれしかったのは、こうゆう風に教えてくれたのは、「私が努力していることを認めているから」だという事。
こうゆうのは非常にありがたいです。

今後も精進してゆきます。

posted by ZONE at 02:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偉そうなことをツラツラとのたまってしまいました
反省しております(汗)

・・・自分も精進いたします
Posted by 某氏 at 2007年11月17日 22:58
>某氏さま

アドバイスいただけて光栄でした。
他にも書きませんでしたがしっかり刻んでおります。
また教えてください。
御願いします。
Posted by ZONE at 2007年11月19日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。