2007年11月19日

JCM800ボリューム10!

あるサイトで知り合ってメールのやり取りをしていた方のお宅に遊びに行きました。
簡単にいうとレコーディングサークル。
「曲を持ち寄って録音して遊ぶ」サークルです。
曲のジャンル的には80’のアメリカンHRという感じでしょうか。
ちょと音楽的には守備外なのですが、録音には前から興味がありまして、いつかは自分のバンドの音源も作りたいと考えているので参加しました。

場所は千葉県の佐倉。
長嶋が生まれた所で有名ですね。
こんな閑静な住宅街。

画像 013.jpg

約8帖ほどの洋間をスタジオにしてます。
一応簡易防音してありました。
よくわからないのですこんなラックがあったり・・・。
アマチュアレベルでは高い方では?
Drはさすがに生は無理なのでY社のエレドラがありました。

画像 015.jpg

圧巻なのはアンプのブースをさらに作ってること!!!
天井高の問題で部屋に入れるのが大変だったとか。
でここにマーシャルJCM800が鎮座されているのです。

画像 014.jpg

今回は初めての顔合わせだったので録音はしませんでしたが、ちょっと音だしさせてもらいました。
ギターは自分のレスポール。
ダンカンのアンティクイティというPUを乗せてます。
住友さん見て又またレスポールに傾いてます。(爆)
あとBossのOD-1を持って行きました。(レスポにはコレなんです)

JCM800(100w)というとあんまり歪まないアンプとして有名なのですが、そんなのウソです。
まるっきりウソです。
断言します。
今回セッティングはお任せしたんですが、ボリュームは10とのこと。
ガーンって弾いたらすげぇ!
アンプ直なのですが歪み過ぎ。
イメージ的にはソルダーノくらい歪んでます。
パワー管が限界近くまできてるんですね。
ゲイン下げた方がよい感じ。
「ちょっと歪み過ぎですね。PUかなりパワーありますね。」だって。
アンティクイティってギブソンのPAFをイメージして作ったダンカンの最高峰PUなんです。
けっしてスーパーディストーションとかじゃないんです。
それがこんな風になるとは・・・。

普通はボリューム10なんて無理ですよね。
どんなギターでもハウってピーピーいって使い物になりません。
ところがアンプがブースの中なのでいいとこフィードバックレベルなんです。
コントロール可能なレベル。
ただこの環境だと今までの概念を捨てなければなりません。
音を作るのにちょっと時間かかりそう。

そんなこと思ったら先週Shimpeiさんと話したCornellのPlexiが頭の中を占領し始めました。
あれをここで鳴らして客観的に聞いてみたい!
思えば思うほどドツボにはまる・・・ヤバイ。
posted by ZONE at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
50WでもマスターVol3以上は出せません。
当然ハウるしアンサンブル的にも。
どういう防音ですか!!
Posted by サダー at 2007年11月19日 08:16
>サダーさん

通常は仰るとおりです。
メタルやってる私でも5くらいがいい所です。
だからプリ管で歪ませるんですよね。
でもここではパワー管で歪ませることが出来るんです。
ボグナーが改造したヴァンへイレンのマーシャルみたいに。
それがアンプ用の防音ブースの利点です。
次回かんたんに録音する予定です。
ウチの50wのJCM800持って行く予定です。
よかったら聞いてみてください。
MP3ですけどね。(爆)
Posted by ZONE at 2007年11月20日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67450246
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。