2007年12月10日

録音してみた

今日は前に一度いった録音サークルの現場に行きました。
・今回は実際にオケにあわせて録音を体験する。
・実際に爆音で音を作ってみる
この2点が目的。
録音自体は初めてじゃないけど、経験したのは25年も昔。
数年前、サポートでスターシップスタジオへは行った事ありますが、これはサポートだけだったしね。
それに、いつものデモ音源MTRはいい加減にしかつかってませんから。

今回はかなり高価な録音機材。
なのでアラまで録音されます。(笑)
でも、あくまでも今回は実験なので・・・。

今回私が持ち込んだのはギター4本とアンプ、エフェクター。
ギターはVan Zandtのテレ、F/Jのいつものストラト、GibsonのSGとLP。
アンプはENGLのリッチーシグネ。
エフェクターは持っていったけど使わなかったです。
というかそんな余裕なかった・・・。

一応4本使ったけど、結局いつものストラト。
日本が誇る世界のFender Japan。
私にはやはりこれがお似合いか?

余裕がなかったのでバッキングだけです。
それでもミスも続出。
ラフにミックスしてもらいました。
そのまんまUPしようとしたけど、重すぎ〜。
なので圧縮。

で、根本的な問題認識。



リズムがめちゃくちゃじゃ!

リズムが〜な感じでよれよれなんです。
ダブルでバッキング録ったんで、左右のズレがものすごくキモイでしょ?
クズですねクズ。
弾いて嫌になりました。
言訳はあるんですが、「リズムが悪い」という事には変わりはありません。
リズムが悪いとどんな音楽でもしょっぱいのは同じです。

人に聞かせられる物、いつか作れますかね・・・?

やっぱプロはすごい。

posted by ZONE at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71931630
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。